オイラの愛用珈琲腕は「鍋島藩窯 市川光山」の有田焼カップです。
P2247546.jpg P2247547.jpg
 白磁に細い線で描かれた蝶々が気に入っております。

 もう20年以上前になりますが、六本木で珈琲屋を開いていた時のカップです。 アパートの押入れには今でも50客以上が眠っております。
 「 我、胡蝶の夢なりや。 胡蝶の夢が我なりや。」と酔夢の日々を送っていたころが懐かしい。
   その残滓の跡が縦割れ亀裂  P2247544.jpg

 昭和36年生まれの光山さんは19代を継いで「私が目指している鍋島は江戸時代の鍋島ではなく、そうかといって目新しいだけの鍋島でもなく江戸時代の鍋島がそのまま続いていたらこうなっているだろう・・・鍋島です。」

 彼の創った色鍋島雛人形絵皿があります。
kouzann001.jpg kouzann002.jpg
          蛤皿  21.8×16cm            角皿  22.8×13cm

 飾り絵皿でしょうか? それともどんな料理を盛り付けたら栄えるでしょう。
 雛アラレをバサっと敷き詰め、徐々に現れる絵付けを楽しみましょうか・・・



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3412-be7021da