2016.03.05  久々の立哨
 本部から緊急呼び出しがありました。 久々の立哨業務です。
 駅前の商業施設の2台分の出入り業者専用駐車場管理です。

 いつもなら夢の中の6時に起き、7時前から業務開始です。
 この日はさいわいにも暖かく日光浴さながらでラッキーでした。
 車の出入りも30台前後。立哨以外仕事らしい仕事はありません。
 警備員の制服を着て“立っていること”が仕事なのです。
 チョイと自転車を置いたり、駐禁を無視しようとする不届きモノへの声掛けが仕事なのであるが行きかう人々の行動観察で時間を潰します。

 かなりラクな現場なのですが、警備員になるためには。
 日本国籍を有する者・前科等犯罪歴が無いこと・破産宣告を受けたことの無い者などいわゆる普通の一般生活者でなければなれないのである。 その業務も、施設警備、交通誘導警備、雑踏警備、貴重品運搬警備、核燃料物質等危険物運搬警備、空港保安警備(各種とも1級と2級があり)と警備業法に則った国家資格なのであります。
 全国の警察官が25万人で警備員は50万人とも云われ、益々需要が増す職種なのです。
 ですが、大手独占化が進み系列下請け等の弊害が産まれているのは日本の構造状の縮図です。

 その弊害ピンハネ実態を書き出せばキリがありませんが、まぁ御気楽オイラには「キツイが楽?」が似合ってます。
 夕方4時の勤務開放から銭湯に立ち寄りノンビリして来ました。


 数年前、マンションの夜間業務に就いていたころ書いた「神代からの胡蝶」が懐かしく思い浮かびました。




Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3416-0924694c