2016.03.29  慶喜の墓
 一昨日のことでした。 桜はどんな具合?と出掛けてきました。
P3278940.jpg P3278935.jpg
P3278948.jpg P3278946.jpg
P3278934.jpg P3278971.jpg
 まだまだ満開にはほど遠い桜の名所である墓地に行って来た。


 在位1年と4日であった徳川最後の将軍・慶喜の墓を見に行って来た。 
P3278919.jpg P3278915.jpg
 左が慶喜、右が正室:一条美賀子 他、息子や慶喜家の墓があった。
P3278916.jpg P3278924.jpg

 朝敵とされた自分を赦免した上、華族の最高位である公爵を親授した明治天皇に感謝の意を示すため、慶喜は自分の葬儀を仏式ではなく神式で行なうよう遺言した。このため、慶喜の墓は徳川家菩提寺である増上寺でも寛永寺でもなく、谷中霊園に皇族のそれと同じような円墳が建てられた。 そうだ。

 神式ですので、戒名も位牌もありません。 生花も榊が指してありました。
 しいて云えば江戸表鬼門の守護・神田明神が管理しているそうです。


 そして、慶喜にまつわる話として思いだすは2話あります。

 まずは山岡鉄舟。 (オイラブログ「命もいらず名もいらず」 他)
 駿府に乗り込んだ山岡と西郷の会談で、「徳川慶喜の身柄を備前藩に預けること」に異を唱える山岡が、もし立場を入れ替えて西郷に島津の殿様を他藩に預けろと言われたら承知するかと詰問すると、西郷も山岡(徳川側)の立場を理解を示す。
 そして、勝と西郷の会談で「徳川慶喜は故郷の水戸で謹慎する」で決着。

 その2 武田耕雲斉率いる天狗党の悲劇です。 (「京の都へ西上」 他) 
 国難(水戸藩内の混乱)を訴えようと行動逃避行の民を見殺しにした事件がありました。

 ゆえにオイラは徳川慶喜が嫌いです。 と蛇足ながら書きます。


 なれど、慶喜の墓がナゼ?谷中霊園なのでしょうか・・・
 それは徳川慶喜のとなりに一橋家の墓があったから。と行って知りました。
 (水戸生まれの慶喜は一橋家に養子として当主になり、将軍にもなりました。 なれど、徳川宗家を御三卿の田安徳川家に譲り慶喜は公爵受爵し、「徳川慶喜家」の創設を許されたのである。)

P3278925.jpg P3278928.jpg

 さらに蛇足ながら。 あの変わった墓は円墳でしたが坂本九が眠る麻布の長谷寺には黒田清輝夫婦の円墳型のお墓があることを思い出しました。

 毎日が休日のオイラはいろんな処をウロチョロしております。



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3437-94dab724