2016.04.20  緑の桜
 近所の善福寺川緑地の桜並木に“御衣黄”桜があることを知りました。
P4181094.jpg
 ごらんのように旬の盛りは過ぎ、散るというよりシボミ始めてました。

P4181089.jpg P4181093.jpg
P4181100.jpg P4181103.jpg
P4181114.jpg P4181118.jpg

   御衣黄(ギョイコウ)
 オオシマザクラ系で、サトザクラの品種から栽培された品種です。
 咲き始めは薄い黄緑色、中心部に紅色の条線がありますが、開花時には目立ちません。日数の経過とともに黄色、そして最後に花芯が赤みを帯びます。花弁には厚みがあります。花の直径は地域によって異なり、2.5センチ程度の地域と4.5センチほどの地域があり、変化が大きいといえます。 花の色を高貴な貴族の衣裳に見たてた名前です。

 緑の桜との認識しかなかったのですが、ブログ「森をさまよう」さんに教えてもらい、理解するにいたりませんが違いが判りました。
 そして、茎?軸?が長いことにも気づきました。

 また、この緑地では“普賢象”が2本も植えてありました。
P4181003.jpg P4181010.jpg
P4181006.jpg P4181008.jpg
P4181004.jpg P4181012.jpg
 2本の雄しべが葉のように変化して外へ突き出す花をしっかり覚えました。

 この普賢象の限定桜“須磨浦普賢象”を須磨ではなく、大阪造幣局で見たのは去年のことだったのを思い出しました。



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3466-5431c3ba