2016.05.13  神田橋
 橋梁工法の違いか?時代の違いか? 異なる石組に支えらた護岸と橋。
   P5031465.jpg

 井の頭池を水源とする神田川の支流である日本橋川に架かる神田橋。
P5031460.jpg P5031461.jpg
 調べて判ったのだが、神田川には数ヶ所の分水路と支流があり、一部は江戸城の外堀内堀として使用されてます。 たかが24.6 kmながら200近い橋が架けられ江戸市中を流れ隅田川へと続いているのである。

 古地図と現代道路図が判り易く表示されている看板は見やすかったです。
   P5031459.jpg


 そんな神田橋の一隅に異彩を放す金色のブロンズ像が建っておりました。
P5031469.jpg P5031466.jpg
 擬人化した猿?でしょうか。 威風堂々の凛々しい姿勢の佇まいです。
P5031467.jpg P5031468.jpg
 造型師:山下恒雄作 「金鋼鎚起 豊展観守像」だそうです。
 猿ではなく、人間の手足を持つコガネムシなのでありました。

 ホント。ウロウロ歩かなければ出会わない都会の片隅散歩はホットします。



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3490-c8714588