2016.07.14  希望の灯り
 今年の4月14日より熊本県を中心として発生した一連の地震(最大 M 7.3)からの復興は着々と進んでいるように思われますがまだまだ先は長いです。 日々、ごくろうさまです。

 地震大国・日本は、5年前のH23年3月11日午後2時46分に発生した東北地方太平洋沖地震は、死者は15,894人も出しました。大津波に襲われたり、原発のメルトダウンで政府他の行政は政策の見直しと共に復興の進め方が大きく見直されてます。

 そして、関西はH7年1月17日に阪神・淡路大震災の大規模地震に遭いました。 震災後に生まれた若者たちも選挙権が与えられ政治に参加しております。

P7089928.jpg P7089930.jpg

 「希望の灯(あか)り」のモニュメントが神戸市役所南側の東遊園地内に設置されてました。

    一.一七希望の灯り
    一九九五年一月一七日午前五時四十六分
    阪神淡路大震災  
    震災が奪ったもの
    命 仕事 団欒 街並み 思い出
    ・・・たった一秒先が予知出来ない人間の限界・・・
    震災が残してくれたもの
    やさしさ 思いやり 絆 仲間
    この灯りは
    奪われた
    すべてのいのちと
    生き残った
    わたしたちの思いを
    むすびつなぐ

 ゆらゆらとゆらめきながら、燃える炎。
 美しく、どこか悲しげで、それでいて力強い。
 そんな復興の爪痕を見てきました。


P7089931.jpg P7089932.jpg
 アガパンサスで巣立ちを待ったセミさんたちも飛んでいきました。
P7089934.jpg P7089940.jpg
P7089941.jpg P7089942.jpg

 抜け殻や額縁の花園を”マボロシ”と捉えるかはアナタしだいです。
   P7089943.jpg


 そして、姫路の高台に建つホテルにてムフフの夜が過ぎてゆきました。
P7089950.jpg



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3560-2f2c4719