2016.07.15  黙祷
 明日で9年目を迎える新潟県中越沖地震で実家が崩壊しました。
 老いた母は茶箪笥の隙間に挟まれてしまいましたが奇跡的にも無傷で救出されました。
 復興の節目ごとに帰り、母の元気な顔を見てきました。
  
   2007.08.16  ああ 無残なり!
   2008.01.24  WA-i 雪だーい
   2008.05.13  天災にもメゲズに復旧   
   2008.10.12  バンザイ、我が家が完成nari

 3年前に母が他界し、今年の6月に父の13回忌とともに法要を済ませてきました。

 地震の多い島国各地で発生してますが規模の大小に関わらず薄れゆく記憶を記録するのも生者の務めです。
 明日の10時13分23秒ひとり静かに黙祷します。


 さて、数日前。突然、本部から電話が入りました。
 例の駅前商業施設の駐車場の管理警備の依頼が舞い込んだ。
 「嫌だ。やりたくない、やりません」と即答してみたものの、「そこを何とか手伝ってくれないか?」と懇願されてしまいました。  人手不足にスケジュール人員管理が大変らしいです。

 アベノミクスで雇用が増えた賃金が上がったと政府は云うが、3K現場や下請け現場ではむしろ締め付けが厳しくなっているように感じます。
 仕事が「いやだ・お願いします」「やりたくない・楽な現場だから」などと言い合っているうちは円満なのであろうが、労働闘争に発展する前に構造改革が必要なのであろうが、底流階層の現場ではその日暮らしに追われてます。

 まぁ、とにかく17日の日曜から4週各日曜の依頼が入りました。
 暑さに倒れないよう、手を抜いて。イエ、体を張って頑張ります。




Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3562-c157bc38