FC2ブログ
     海の底でうたう唄  

 都会に憧れる少年には「平凡パンチ」がバイブルだった。VAN・JUNやアイビーで身にまとい、2000GT・ハコスカのパンフレットが大人の入り口だった。山本リンダや西野4姉妹のグラビアが悩ましかった。 しかし、その記事は少年の心の奥底に秘かに沈んでいた。
 あこがれの東京での生活はヘルメット・タオル・角材の日々と長髪のロック・フォークで青春を謳歌していた。 あれから何年・・・・・

     soufuiwa.jpg

 埃にまみれたフォトケースの写真。 もう20年前のワンショットである。 被写体は大海原にそびえ立つ100mの立柱岩「孀婦岩」  少年の記憶に残る「開高健・ソウフで釣る」釣り寄稿の体験記を40にして実現したのであった。

 soufu2.jpg

 イギリス人ジョン・ミアーズにより、1788年4月9日に発見され、初めてこの岩を目撃したミアーズは「今まで私が見たあらゆる物体の中でももっとも素晴らしいもののひとつ」と評し、船員たちは「なにか超自然的な力が、突然この岩の形を今のものに変えた」と信じた。 ミアーズらは、この岩を旧約聖書において約束を破り塩の柱に変えられてしまった女性の姿に重ね合わせて「ロトの妻 (Lot's Wife)」と命名した。日本語名の「孀婦」(未亡人の意)はこの意訳である。 公文書上では「そうふがん」となっているが、伊豆・小笠原島民一般には「そうふいわ」で通っている。

  soufu3.jpg

  「孀婦」が未亡人であることは国語辞書で知ってはいたが「なぜ?」を今回のネット検索で初めてしりました。 でも、オイラにはチ○ポ岩に見えました。それとも、亡き夫との戯れに眠れぬ日々を送る寂しさが生んだ妄想・創造物であろうか?
 比較対象物がないため、その存在は実際眼にしたものだけが味わえる圧倒的迫力で迫ってきます。高さ100mは30階建ての高さです。想像できます?
 「行ったつもり・見たつもり・食べたつもり」の疑似体験やネット・ゲームのバーチャルワールドのお手軽社会にあっても「やっぱり、実体験」に勝るものは無い。に、触れていたいではないか。

     soufu tizu

 東京の南約 650 キロメートル、鳥島の南約 76 キロメートルに位置する標高 99 メートル、東西 84 メートル、南北 56 メートルの顕著な黒色孤立突岩。 その形状のために上陸することは困難であるが、ロッククライミングで上陸・登頂したグループの報告記が残る。

         soufu4.jpg

 ヨットで渡り、岩壁を登り、水平360度の陸の見えない何もない大海原を見渡し、天空に紙飛行機を飛ばしてみたい。 もう、無理であろうか・・・ 見果てぬ夢が無限に広がる。

   soufu1.jpg

 この眼で見た記憶すら遠い過去。 過ぎ去りし日の思い出すらチッポケな人の営み。足跡を残そうとあがく人間の浅ましさを自然は何も言わず「ただ存在」する。した。



 オイラの注目する作家・阿川大樹氏はヨットを持っているらしい。 乗せてくれませんか? 一緒に孀婦岩を見に・眺め・拝みに行きませんか?
 

 いっそ、テレビ局に企画の売り込みに行きましょうか。
 『オジンの青春プレイバック』  7人の侍「孀婦」チャレンジ

   ①ヨット操舵 担当    阿川大樹
   ②アルコール 担当   (岡林信康)
   ③ロッククライミング  (地方議員のA氏)
   ④写真・記録 担当    uwanosora443
   ⑤釣り・料理 担当    oicu
   ⑥隊長          石井信平
   ⑦雑務・付録       オイラ 遊助320
  ㊟ 個人アドレスは無断で勝手に張り付けさせてもらいました。
   迷惑な方はご連絡を。即、削除いたします。失礼いたしました。

 60前後の市井のおじさん達。どこにでも居るエロボケG3。ブログで知り合った仲間たち。ヒョンな話から「未亡人」攻略の冒険に出かけた。 ・・・・・あの時は若かったと武勇談を語りながらも「まだまだ、これから」と熱く未来を語るおじさん達。
 鬼退治ならぬ「孀婦岩」登頂はセイコウするのであろうか?

68年 大学紛争の終焉  それぞれは?  社会人へ巣立ちの旅立ち
70年 大阪万博の開幕  高度成長 日本の膨張と拡大
そして、それぞれのエピソード

夜明け
 私たちが望むのもは・・・ フォークから帰農。
伝達・記録の幕開け
 AVとビデオ・DVD 多様化するメディアと個人発信
 ダイアルQ2 伝言ダイアルでナンパ。 携帯電話・メールへ
 ネット社会と環境 キーボードが世界を変えた。 情報の保護と暴露
企業戦士の海外進出
 膨張する経済は人・物・金は地球を駆け巡り、その恩恵と弊害
 国内のサッチョン族と海外買春ツアーの落し物・忘れ物
 OAコスト管理 年功序列の崩壊・雇用の変化 格差社会の到来
政治・冷戦の崩壊
 多数決が決まらない。 個・孤・呼・涸・粉・誇・姑・枯・故・顧の時代

   時代の記録とメンバーの社会人生活の軌跡がリンクします。
   彼らの歩みは時代と共にあり、時代を創った男達の証言は?

 また、今はやりの「新常識&検定」風に切り口を変えてみると・・・
  「あなたたちに質問です。 3択から選んで下さい」
あなたの息子が結婚をして、初孫が生まれました。内祝いやらナンタラも済ませました。 それでもなおポケットマネーの1万円をどう使う?
①かわいい孫のために。とアレコレ考えて使う。
②これからも息子をよろしく&産んでくれてありがとう。 と嫁のためのプレゼントをひとりで選び贈る。
③ひとまず安心と。永年連れ添った妻と共に豪華な食事をする。
  のような設問を考え、「これからの人生」をどう生きるか・・・


      『総括できない大人達』  
   あなたたち同世代の仲間達がこんな社会を造ったのだ。
     (自虐的に捉えられることは不本意であるが・・・)


 どこかに道楽スポンサーいないか? 鶴の一声で決められる社長、アンタもこのプロジェクトに参加しませんか?


Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/358-1c2e76b2