2016.08.28  フゥェー
 「和のあかり×百段階段」展 「漁樵(ぎょしょう)の間」です。
  P8160861.jpg
  P8160780.jpg

 まず、中国の諺「漁樵問答」とはー
 海で生きる漁師と山で生きる樵(木こり)の会話は生活基盤が異なるため、話がかみ合わいません。 お互いに分からんやつだと口論しつつも、話が展開していくなかで、ふと天道的な知性で共通する部分があることに気が付く・・・
  要は話し合うことでお互いの理解、共通認識が生まれより高い知性が得られるというわけ。 でしょうか?  奥の深い問答ですね。

P8160770.jpg P8160865.jpg
P8160862.jpg P8160864.jpg
 松と紅葉。鮮やかな対比ですね。 魚を抱え怯える子、樵の口元や拳の握り手など、ただただ圧巻です。

P8160772.jpg P8160771.jpg
P8160773.jpg P8160775.jpg
P8160856.jpg P8160857.jpg

 さて、あかりはと云うとー  青森のねぶたです。
P8160855.jpg P8160781.jpg
P8160778.jpg P8160767.jpg
 まぁ、みなさんはねぶたに見入っていました。 それなりに迫力はあるのだがオイラは彫り物に眼が点でした。  さらに明日へと続く。



 
Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3611-6d2ad62c