2016.09.05  大きい数字
 今日から野暮用を兼ねて、旅行に行って来ます。
 なので、しばらくは過去のオイラブログの再校アップです。


   「2007.09.02  昨日の今日(京)の続き 」

 京が大きいならとネットサーフィンしてみました。
 ほんと世の中広いですne。物好きが居ますne。ネットとは「不可思議」な世界ですwa。人間って「不可説不可説転(ふかせつふかせつてん)」な存在ですwa。

   10^0  一
   10^1  十
   10^2  百
   10^3  千
   10^4  万
   10^8  億
   10^12 兆
   10^16 京 (けい)  ㊟きょうと読まないらしい
   10^20 垓 (がい)
   10^24 杼 (じょ)  ㊟正しくは禾+予
   10^28 穣 (じょう)
   10^32 溝 (こう)
   10^36 澗 (かん)
   10^40 正 (せい)
   10^44 載 (さい)
   10^48 極 (ごく)
   10^52 恒河沙 (ごうがしゃ)
   10^56 阿僧祇 (あそうぎ)
   10^60 那由他 (なゆた) 
   10^64 不可思議 (ふかしぎ)
   10^68 無量大数 (むりょうたいすう)

  兆は国家予算規模ながら一万円札を積み上げたら何Km?
  正が有るなら悪も有るのかとおもうのはオイラだけ?
  阿僧祇の人が川に流されると阿漕祇(あこぎ)になります。
  身近には明石に゛ナユタ”と名付けられた天文望遠鏡があります。

 10の68乗ってどんな数字なんじゃいなー 1の後に0が68並ぶ。
  100000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
 とキーボードを68回叩いてみました。ほんと、昔の学者に頭がさがります。 だが、もっとデカい数字を見つけました。ゼロを叩く指が肩傷炎を起こすほど叩く数字が漢字で7文字の不可説不可説転(ふかせつふかせつてん)なのです。
 その数字は
   20070903022946001.jpg
  
もう感嘆を通り越し笑うしかありません。呆れるオイラのまんとなんと小さいことか。 ただただ、先人の知恵に畏敬の念を捧げます。
 
 もっと大きな数を覗きたい方はぜひ下記へダイブしてみてわ?
   無量大数の彼方へ
    http://www.sf.airnet.ne.jp/ts/language/largenumber.html

 そして、これらの単位は上数なので実用的ではないが、その巨大さには圧倒される。最後の不可説不可説転は 1 の後に 0 が 37 澗以上ある数である。指数を使わない限り、書くことすらできない。これに比べれば無量大数は塵(ちり)に等しい。無量大数で数えるのをやめた我々は、釈迦(しゃか)の手のひらを全く出ていなかったのだ。

         と書き終わる上記のHPに謝意と拍手を送りたい。


Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3620-8e14d0e6