2016.09.10  五智国分寺
 G3三人は特に行くとこも無い。 後期高齢者の兄の運転で上越の五智国分寺へ立ち寄りです。

 まずは全国各地に残る国分寺についてのおさらいです。
 8世紀の奈良時代は律令国家・天皇中心の専制国家・中央集権を目指した時代であった。 仏教による国家鎮護のため、東大寺を総国分寺とし、当時の日本の各地70数か所に建立を命じた寺院です。
 五智とは、密教で5つの知恵(法界体性智、大円鏡智、平等性智、妙観察智、成所作智)のことであり、5体を如来にあてはめたものが五智如来をさし金剛界五仏のことである。

 ですので、国分寺は政治的中心地を成し、いわゆる今日的宗教地ではありません。 ですが、設立から千年以上の長き歴史において、その趣旨や目的は変遷を重ね、今日を迎えております。

 現在は、安国山 華蔵院 国分寺 で天台宗の寺院です。
P9061153.jpg P9061139.jpg

 三重塔は、上越地方では唯一残る塔である。慶応元年(1865年)に棟上がされたが高欄等は未完成であるそうだ。
P9061132.jpg P9061122.jpg
P9061126.jpg P9061125.jpg
P9061141.jpg P9061143.jpg

 無いナイ! 古いカーナビには新駅が出てきません。
 上越妙高駅まで送ってもらったのだがウロウロしました。
P9061156.jpg P9061159.jpg
 初めての北陸新幹線にて、今夜は松本の次兄宅へお泊りです。




Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3627-3f8bc0de