2016.09.22  秋分の日
 今日は、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。 秋の彼岸の中日でもあるので、「祖先をうやまい、亡くなった人を偲ぶ」という主旨の祝日です。

 明治5年(1872年)に、従来の太陰太陽暦を廃して翌年から太陽暦を採用する「太陰暦ヲ廃シ太陽暦ヲ頒行ス」が布告されました。
 この布告は年も押し詰まった同年11月9日(1872年12月9日)に公布されたため、社会的な混乱を来しましたが明治政府は強引に改暦を強行しました。
 これほど急な新暦導入の背景にはこんな事情もあったそうな。
 『大隈伯昔日譚』によれば、政府の財政状況が逼迫していたことによる。すなわち、旧暦のままでは明治6年は閏月があるため13か月となる。すると、月給制に移行したばかりの官吏への報酬を1年間に13回支給しなければならない。これに対して、新暦を導入してしまえば閏月はなくなり12か月分の支給ですむ。また、明治5年も12月が2日しかないので、11か月分しか給料を支給せずに済ますことができる。さらに、当時は1、6のつく日を休業とする習わしがあり、これに節句などの休業を加えると年間の約4割は休業日となる計算である。新暦導入を機に週休制にあらためることで、休業日を年間50日余に減らすことができる。

 カネ・かね・金・・・ 国家予算ねー
 昔も今も変わらない「お金」絡みですか・・・・・



 オイラも金欠病を患っております。 そのうえ、ニコチン依存症の中毒患者です。
 毎月22日は「スワン吸わん」と「禁煙の日」だそうだ。

 愛煙家にとって住み難い世の中ですが、世間の片隅でヒッソリ紫煙を燻らせて“イキ”たいもんだ。



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3639-36409ab6