2016.10.08  湯滝温泉
 飯山線の温泉といえば、野沢温泉でしょう。
 ですが、戸狩野沢駅からはバスタクシーの便が無い。 北陸新幹線開通に合わせ、飯山駅からの発着で30分600円もかかることが判明。さらに各停停車時間には連動してません。
 どうする?と調べたら、津南駅舎2階に温泉が。しかし、月曜は休みだった。 ならばと。上境駅から歩いて5分に湯滝温泉がありました。
 ヤッパリ、事前リサーチは大切ですね。

 9時44分、駅到着。 テクテク10時オープンにあわせてー
PA032041.jpg PA032094.jpg

 平成4年、農業ナンタラ事業費でオープンした公共の湯です。
PA032043.jpg PA032049.jpg
 サラリとした温泉だが、内湯と露天が離れていたり、千曲川のロケーションを背に入ったりの使い勝手の悪い設計は誰が決定したのであろうか・・・  設計責任者よ出てこいヤー 入ってみなはれヤ。
PA032061.jpg PA032063.jpg
 上境の住人宮沢龍男氏の尽力により昭和62年(1987)大量の自噴をみ、公共の施設としてオープンされたそうな。
 そんな秘話を探りながら、紫米のソフトクリームを食しました。

PA032074.jpg PA032077.jpg

PA032081.jpg PA032098.jpg
PA032082.jpg PA032101.jpg

 いつもの都会でのノンビリさがローカルならではヤッパリ違います。


Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3647-6e3c29a7