2016.11.17  海憧
 若いころ海に憧れ、ヨットレースの記事を読みあさったことがある。
 オイラの認識では、世界3大外洋ヨットレースはアドミラルズカップ・サザンクロスカップ・アメリカズカップであった。

 イギリスで行われるアドミラルズカップに石原裕次郎がサンダーバード号(SB,すなわちエスビー食品の山崎社長のポケットマネーが提供)で参加していた。
 1957年から1年おきに行われていた外洋航海ヨットレース。1か国3艇でチームを組み、合計得点の多い国が優勝となる。出場国数の減少などから、2003年を最後に開催されていない。

    CORUM ADMIRAL'S CUP  pic_corum02.jpg

 サザンクロスカップとは12月26日に始まるオーストラリアの夏の風物詩です。シドニー港からスタートし、数日かけて約1,170km(630海里)離れたホバートにゴールし、大みそかの夜を盛り上げます。 現在は名が変わったか?シドニー・トゥ・ホバート・ヨット・レースです。

 1851年。 ペリー黒船4隻軍団が横浜に上陸した年より前に、英国貴族にヤンキー野郎が「ヨットレースをやろうか」と持ち掛け、「陛下、2位が見えません」とあっさり、ビクトリア女王から下賜された銀製の水差し状のカップを自国に持ち帰った。その為、このカップは「アメリカ」号のカップ、すなわち"アメリカズカップ"と呼ばれることとなった。
 その成立は近代オリンピックより45年、サッカーのワールドカップより79年、全英オープンゴルフよりも9年早く、継続して使用されている世界最古のスポーツトロフィーとして広く一般に認知されている。
 しかし、アメリカズカップ始めとするヨットへの関心は薄いのが現実です。 (明日、続きを書きます)

 別格として、単独無寄港世界一周ヨットレースがあります。
 11月6日、4年に一度開催される「ヴァンデ・グローブ」がスタートしました。スタートはフランス西部の港町、レ・サーブル=ドロンヌ。約50パーセントの完走率、世界一過酷といわれるこのヨットレースに白石康次郎ほか29艇/10カ国が出場します。
 白石さんも当然ながら、師匠・多田雄幸さんのことなど誰も知らないだろうなー


Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3693-d2fa1ba7