2017.03.07  流転は続く
 オイラは越後・柏崎で生まれ育ち、大学入学のため上京。
 受かった大学は本部が東京・富ヶ谷なのだが実質湘南キャンパスなるド田舎。小田急新宿から90分も離れており、アコガレの都会生活は幻想であった。

 大学近くのアパート暮らしを皮切りに流転が始まった。
 最寄駅順に。大根駅・相模大野駅・経堂駅・高井戸駅・永山駅・広尾駅(3ヶ所も転居)

 ある日、突然アパートの他部屋が火事。 ボヤで済んだが…
20071114164008ss.jpg 20071114163947.jpg
 一人暮らしの老婆のテンプラ油に引火が原因であった。
 
 そして、今のアパートに落ち着いて10年以上が経ったのであった。
 都内とは云え何もない小さな駅、商店街もマバラ、ながら隣にスーパーマーケットがあるとは非常に便利であった。 冬桜が見れる大宮八幡や10種以上の桜が咲く善福寺川緑地があったりが当たり前の生活であった。 さらに強制散歩と名付けた富士山ビューの屋上も気に入ってたのである。

 それが突然の強制退去勧告を受けたのである。
 終の棲家はやはり埴生の宿でしかなかった。

 手のひら返しの早いオイラは気を切り替えて、新天地を彷徨おうではないか。



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3816-53dc100b