2泊3日の寝台特急が95万? 順調に売れているとのこと。
 オイラの年金に相当するがリッチな成功者には好評らしい。
 東京・大阪の深夜バスに1万ナニガシのプレミアバスが走る。
 激戦路線に高級感の居心地提供は限定ながら客はいるハズだ。

 金銭的豊かな層を狙う商魂たくましき努力は日本経済を救えるか。
 に対して、都内よりの無料にて温泉地への送迎バス付き旅館には庶民たるジィサンバァサンがわんさか群がってます。当然オイラもそのヒトリであり、先日の下田は7800円なり。

 さて、行けないと思うと行きたくなるのがオイラは机上プラン②。
 昨日と同様にLCC+2泊3日の青春18弥次喜多ふたり旅です。

 鹿児島中央駅を早朝始発にて出発。東市来駅下車。
 白薩摩と呼ばれる沈壽官窯にて磁器を見学。 (天文館より林田バスで伊集院経由、串木野・川内方面行き美山下車のほうが便利らしい)
 川内から熊本方面の各停を乗り継ぎ、三角線経由フェリーにて島原へ。 民鉄島原鉄道にて諫早へ。約80分で佐世保到着。
 民鉄松浦鉄道にて、日本最西端駅たびら平戸口にて途中下車。鉄道博物館見学。 伊万里or有田にて泊。
 次日は有田焼や唐津焼の工房を訪ねたい。 特に伊万里市大川内町の市川光山窯に立ち寄りたい。
 次日は博多・小倉と乗り鉄を楽しみ、下関へ。下関・門司を渡し船・トンネル歩き・路線バスで関門海峡を渡り、新幹線にて博多へ戻る。
 博多バスターミナル18:50(小倉駅前20:26)の高速バスにて一路新宿へ。 バス代は3列シートが20000、早割45の4列席なら7500円。当然ながら快適さと値段は比例しますね。 バスタ新宿着が9:25となり、爆眠のなか疲労がピ-クの旅となることでしょう。

 疲れるだけの移動旅ですが、この心地良さを理解できない人も多いとは思いますが、チャレンジトライしてみたいです。 同行者求む。


Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3825-0e82dc71