2017.05.05  こどもの日
 今日は祝日・こどもの日です。 と云うことで過去ブログより転写。


   保育園・幼稚園児を持つ親御さんへ 
  『いつも一緒に折り紙を楽しみましょう』
 1枚の平面紙から山折谷折を駆使して立体造型に仕上げる折り紙は指先の丁寧繊細さを養い、イメージの具象化の促進と集中力アップに役立ちます。
 たとえば、親子3人が毎日1羽づつ折ったとしたら、1年後には千羽鶴が完成し、来年の今日は近所の神社等に奉納に出かけられます。
 さぁ、さっそく折り紙を買って明日から折り出しましょう。 新聞チラシを正方形に切って折ってもカラフルかもしれません。

   四連親子鶴 55zzz039.jpg


   小学生を持つ親御さんへ  『箸の持ち方が変ですね』
 モリモリ何でも食べる子を見ると作った方までうれしくなりますよね。
 好き嫌いや偏食の子を持つ親は心配でしょうが実は作り手の親に問題が多いことがあります。あなたの手抜きや好みがそのまま子に反映しているケースが目立つそうです。
 箸の持ち方もそうです。理に叶った箸の持ち方は仕種が優雅です。ひょっとして、あなたもいい加減な箸の使い方をしてませんか? 矯正箸も売ってます。 今日から親子で特訓を始めてみませんか?
 そして、「命いただきます」「おいしく頂きました」の「御馳走様」から命と感謝の食育を見直してみませんか。

  箸袋の箸置き鶴 55zzz046.jpg


   中学生を持つ親御さんへ  『肥後刀はお守りです』
 あるデザイン専門学校の最初の授業はナイフを使った「エンピツ削り」だそうです。カッターナイフを使ったことのない子供が増えているという。
 危ない刃物ゆえに正しい使い方で道具を使いこなす知恵と工夫を身に附けさせましょう。
 もし、鉈と薪のある家なら親子で円空さんゴッコはいかが? 鉈ひとつで仏像を刻んだ江戸期の仏師の祈りを真似てみるのもおもしろいでしょう。
 無い家はエンピツでポーテンポールを創りましょう。出来上がりはたぶん子のほうが発想やイメージ力で優れているでしょう。あなたの知らない所や気付かない処でそれだけ成長しているのです。

   紙の切り方と折り曲げ線は・・・
     55zzz016.jpg
        55zzz020.jpg
            55zzz042.jpg


   高校生を持つ親御さんへ  『爆走青春道をつっぱしれ』
 息子・娘が16歳になったら、バイク免許を取りに行かせよう。原付は学科試験だけだが資格の有る無しで区別される社会ルールを守ることが大人の第一歩であることを自覚させましょう。
 また、憲法・法律で許されていることが校則の3無運動で禁止されている事実・矛盾が存在する現実が社会であることを知ろう。(3無運動がある私立は校則が優先されるのは当たり前ですが)
 暴走族に入ったら… 危険なバイクを… と心配する親へは「あなたは間違っている」と断言しょう。免許取得を許可する前にその兆しは見えていたであろうし、危険だから乗るなは問題解決にはなりません。見守るとともに子離れの時期であり、ものごとに直接対決する自覚が親に求められているのです。

      初春期のツルカンザシ
        55zzz013.jpg


 曲ったっていいじゃないか。 
 大地にしっかり根を張る大人になってほしいものである。

 「親の顔を見てみたい」とは誰も思う素朴な皮肉疑問に「こんな顔です」と堂々と現れ、我が子を語れる親になりたいものです。



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3877-533be874