2017.05.22  追憶
 オイラの映画ナンバー1作品「冒険者たち」を撮ったロベール・アンリコが、ロミー・シュナイダーで撮った復讐アクション映画がある。

   1975年 101分   tuioku01.jpg


 ロミー・シュナイダー(1938年9月23日-1982年5月29日)と言っても、もう知ってるひとも少ないかもしれないが、50年代後半から70年代前半にかけての世界的アイドルともいうべき女優です。
 あのアラン・ドロンと恋に落ち、4年間ほど婚約・同棲していたことでも知られている。

 原案・監督のR・アンリコが、名優P・ノワレを主演に、妻子を失った男の復讐を描いた作品。
 ドイツ占領下のフランス。医師のジュリアンは、連合軍の反撃による混乱を予感して、妻子を田舎の古城に避難させる。しかし数日後、城を訪れた彼の前にひろがっていたのは、惨殺された妻子の姿だった。怒りに燃えたジュリアンは、城に残るドイツ兵に、たった一人で復讐を開始する……。

 エンディングロールで流れる自転車に乗り、楽し気な会話を交わす家族の軽やかさが印象に残る・・・


 「追想」と云えば、実は5月22日は母が亡くなった日である。
 5年前、卒寿を迎え90歳での大往生でした。
 もちろん、悲しかったです。 しかし、思い出は濃く今も・・・

 新幹線でドピュと2時間、突然訪ねた時。
 ・・・オゥ 東京からー 汽車でー 大変だっちゃろー
 病床の母にはSⅬで8時間の移動が浮かんでいた。
 ボケが進行していたが家族は認識できた。
 そして、3歳年下の妹も入院しているらしく心配していた。
 その妹(叔母)もその年11月に亡くなってしまった。

 テナ。 身内、母への追憶を今日は書いておこう・・・・・

          P5081787.jpg




Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3888-ddfd5711