2017.06.23  逃亡逮捕
 「外患罪(がいかんざい)」とは、外国と通謀して日本国に対し武力を行使させ、又は、日本国に対して外国から武力の行使があったときに加担するなど軍事上の利益を与える犯罪である。現在、外患誘致罪(刑法81条)や外患援助罪(刑法82条)などが定められており、刑法第2編第3章に外患に関する罪として規定されている。刑法が規定する罪で最も重罪のものである。現在まで適用例はない。

 お笑い芸人によるバラエティー番組で外患罪が取り上げられておりました。 ヘェーと見入ってしまいました。


 先月23日広島市内のマンションにて一人の初老男が逮捕されました。
 時効停止までして41年間も官憲が追い続けた大阪正明らしき男です。

 それは1971年11月14日、渋谷において発生した暴動事件であり、当時21歳の警察官に集団で火炎瓶等を投げ、殉職させた犯人として殺人・放火・傷害・凶器準備集合・公務執行妨害容疑で指名手配されていた男の逮捕であった。

 男は完全黙秘を貫き続けているそうだ。 
 雑談すら応じてないよう?に思えるが、その意識・意志は・・・

 偶然?にも、オイラブログ2016.11.21逃亡 で取り上げており、ツラツラ考えてみた。

 22歳の若者が当時の学生の多くがそうだったように白いヘルメット(中核派)でゲバ棒を振っていた。 
 深い思想と高い理想を持っていたわけでは無い。 (と思う。)
 渋谷での乱闘において、自身が犯人一味として指名手配を受ける。 出入りしていたセクト組織から逃亡を勧められて市井に潜伏。 起きた事故事件よりも「ナゼ逃げるのか?逃げ切る」の意識が彼の行動そのものになりました。 執拗な捜査を搔い潜り実に41年も過ぎてしまった。

 捕まった当時の仲間は。
 デモ隊を指揮した委員長松尾真は組織を離れ、京都精華大人文学部准教授になったが2012年農林水産省と近畿農政局からの補助金で同大学が実施した農村活性化事業に不正支出があったと発表した。補助金2200万円を返還、責任者の松尾眞を懲戒解雇した。 現在は長野県栄村の村会議員をやってます。
 星野文昭は無期懲役で徳島刑務所で服役中。「星野文昭さんを取り戻そう!全国再審連絡会議」の弁護士として応援しているのは海渡雄一、妻は事実婚の福島瑞穂である。 
 荒川碩哉は公安の二重スパイと疑われ組織と縁切れに。
 奥深山幸男は2017年2月7日逝去しております。

 さて、獄中の大阪は完全黙秘のまま、被疑者〇○号として塀の中で死亡するのだろうか? それとも、逃亡手記を出すのであろうか・・・


 てな、半日以上もネットウェーブでアレコレ調べてみました。 かなり、疲れましたが有意義な時間を過ごしました。



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3928-7148d468