長崎平和祈念像は北村西望氏によって造られました。
 その原型・試作品および同型の模型が井の頭公園の一遇にあります。
sss100_1854.jpg sss100_1861.jpg

 記念像でなく祈念像です。 氏みずからの命名です。
 その像は、神の愛と仏の慈悲を象徴し、垂直に高く掲げた右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は平和を、横にした足は原爆投下直後の長崎市の静けさを、立てた足は救った命 を表し、軽く閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈っている。  とWikiに書いてあった。

 我が家から近いせいもあり、何度か訪れています。
 西望氏の作品の中でもっとも印象的で大好き(と表現してよいのだろうか)な作品があります。

   ssP4297040.jpg

 「喝」とおもいきや「偈(げ)を発する怪傑日蓮」だそうです。
  (オイラブログ 2012.09.20  『偈』ってナンダ? )



   ノホホンと生きているオイラにも8月9日がやってきました。

   


       『血まみれの鳩』   詩:西岡たかし

    血まみれの小さな鳩が私の窓辺で 私にこう聞くんだ
    この世界の空に 私の休めるところは無いのでしょうか
    どこの空を飛んでも どこの国へ行っても
    傷ついたあの叫び声が 私の心を癒してくれない
 
    血まみれの小さな鳩が私の窓辺で 日の暮れに死んだ
    彼が飛んだお空に 平和を見る事もなく長い旅を続けた
    平和を見つけた時にも 偽りの平和を見て
    雲にかくれ泣いたろう それでも翼をひろげて飛んだのだ
 
    血まみれの小さな鳩が私の窓辺で 死んでしまった今
    彼を葬ることより 今の僕らの世界を見つめる事のほうが
    偽りの平和の中で あきらめ暮らすよりも
    真実の平和創ろう それがあの小さな鳩のためにも
    それがあの小さな鳩のためにも





Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3977-fceaa0e2