2017.08.14  前日
 テレビニュースで拝見する限り、 天皇・皇后両陛下がご一緒に何かの式典に出席され、用意されたお席に着く際は。

 皇后陛下は、天皇陛下が先にきちんとイスに腰を下ろされるまで、ご自分はゆっくりと動作され、天皇陛下より先に皇后陛下が着席なさるようなことは、決してありません。
 それが、天皇陛下に対する尊敬の気持ちを表す礼儀の基本中の基本だからだろうこと思うのです。

  ところが ――。

  昨年の8月15日正午、政府主催による 「戦没者追悼式」 が、天皇・皇后両陛下を迎えて行われました。
  両陛下を含む参列者全員が起立しての国歌斉唱の後、進行役から「ご着席願います」 の声で、全員がイスに腰を下ろし始めた、その時です。
  ご高齢のため最近、動作が少し緩慢になられている天皇陛下がきちんと着席されるまで少し時間が掛かっている様子を、お隣りの皇后陛下が、いつものように、中腰になり、いたわるような気配で見守っているまだそのさ中、テレビに映る参列者のほぼ8~9割がもう、両陛下より前に、イスに腰掛けているではありませんか。

 それが、
 国の象徴たる天皇・皇后両陛下をお迎えした時の国民の態度ですか?
 しかも、
  「ご着席願います」(←の進行役アナウンサーの配慮の無さにも問題があるのだが) の声を聞くと同時に、天皇・皇后両陛下の動作に目も気も配ることなくさっさと腰掛けてしまった一番手のグループが、の参列者の最前列中央部に写っています。
 そう、「おわび」の言葉だけの内閣総理大臣・安倍晋三君です。

  安倍さん、両陛下の動作に目と気を配り、両陛下がきちんと着席し終わるのを、首相であるあなたが最前列で立って待っていれば、それに気付いたほかの参列者の誰もが、両陛下より先に腰掛けるなどという無礼を犯さなかったはずです。

 そういう、宰相である以前に大人としての基本的配慮もできないようなあなたに、国家経営を任せてよいかという不安を国民が持つのは当然過ぎるほど当然なことだとは思いませんか?

 さて、今年のテレビ中継では安倍君の態度行動はどのように映るのでしょうか?  楽しみですね。



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3984-b91fd0ac