2017.09.09  新海三社
 「海」を紐解くに、新海三社神社へゴーです。
P9013559 (2) P9013603.jpg
P9013599.jpg P9013598.jpg
P9013588.jpg P9013584.jpg

 新海三社神社の創祀年代は不詳。
 興波岐命を主神として東本社に祀り、その父神・建御名方命を中本社に、伯父神・事代主命を西本社に祀る。 このように、当社には3つの神殿があり、よって新海三社神社と呼ばれている。
 興波岐命は佐久地方開拓の祖神。延文年間の『諏訪大明神画詞』には「新開(にいさく)」の神と記され、大県の神とも称した。
 この「開(さく)」が、佐久の地名となり。「新開(にいさく)」から、新海という社号になったようだ。
 また、鎮座地の田口は、佐久地方で初めて田が開かれた場所とも。 記載が残っております。

 神社なのに奥には仏式三重の塔が・・・
P9013572.jpg P9013575.jpg
P9013577.jpg P9013579.jpg
 この三重塔は、もともと新海神社の別当で神社東にあった神宮寺の塔だったようですが、明治の神仏分離で神宮寺は川原宿に移転させられ、三重塔は宝庫という名目で現在の場所に残されたようです。

 神と仏が仲良く暮らす日本ってステキですね。
 語り受け継ぐ伝統の力は平和こそ繁栄の証がそこにありました。



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/4005-32d00218