2017.11.07  立冬
 日本には春夏秋冬四季があります。
 旧暦での新年の始まりは立春でした。立春の早朝に禅寺では厄除けの為、立春大吉というお札を貼り厄を遠ざけるという意味をもたらし一年閑平穏無事に過ごせるように願いを掛ける行事を行いました。 
 さらに、寒い冬から早く春よ来いと願掛けもしました。
 そして、立夏・立秋・立冬と冬を迎えようとします。

 今日11月7日は二十四節気の「立冬」です。「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と初めて冬の気配が現われてくる日なのです。

 また、立冬の期間の七十二候は以下のとおり。
  初候
 山茶始開(つばき はじめて ひらく) : 山茶花が咲き始める(日本)
 水始氷(みず はじめて こおる) : 水が凍り始める(中国)
  次候
 地始凍(ち はじめて こおる) : 大地が凍り始める(日本・中国)
  末候
 金盞香(きんせんか さく) : 水仙の花が咲く(日本)
 雉入大水為蜃(きじ たいすいにいり おおはまぐりと なる)
    : 雉が海に入って大蛤になる(中国)

 シャキシャキ野菜の生サラダから温野菜を食しましょうか。
 ウン。焼きハマグリやハマグリスープスパゲティーで体を温めよう。

 さらに、去年から提唱された“ココアの日”でもあります。
 森永のミルクココアでなく、オランダ・バンホーテンのココアパウダーを牛乳を弱火で溶かし練りあげて飲んでみましょうか・・・

   木枯らしが吹き始め、季節の変わり目です。
   風邪など召さぬようご自愛くだされー



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/4067-5f316b93