2018.04.01  即身仏
 そこには祈りと願いを込めた怨念鎮魂が渦巻いてます。
 今はやりのパワースポットや長い歴史のナンタラなんての軽い言葉で語ることのできない聖地なのである。

 オイラは神社仏閣巡りが大好きだ。
 弥彦のふもとの西生寺、鮭の街の村上・観音寺、オイラ故郷・柏崎の真珠院に尋ね訪れたことがあります。
 三寺院に共通するは、「即身仏」です。

s17.jpg


 修行もしておらず作法も知らないが、「即身仏になりたい!なります」と決意した4月1日です。



2018.03.12  大学炉
 研究用原子炉を持つ日本の大学が6校有ることを知ってますか?
 そのひとつに武蔵工業大学があります。
  (2009年4月に学部を再編して大学名称を東京都市大学に改称)

 武蔵工大炉は、定格熱出力100kWのトリガII型原子炉である。
     m,dd08
     所在地:神奈川県川崎市麻生区王禅寺971 
 原子炉は1963年の初臨界から1989年まで運転された。
 その後、2003年5月20日において原子炉の廃止が決定された。
 2006年に使用燃料は米国に返還されたが、遮へいコンクリートの解体撤去等に関しては、放射性廃棄物の外部処分場への搬出が可能になってから開始することとなっており、2013年現在で原子炉建屋及び遮蔽コンクリートは現状のままとなっている。

 廃炉工程など具体的日時期間は未定らしいが、福島廃炉への道筋の参考に活用するのもひとつの方法チャレンジではなかろうか・・・

 門外漢のシロウトオイラが言うまでも無く当然専門家がアレコレ知恵を出し絞っているであろうが、獣医学部新設が可ならば、廃炉研究への補助金の国費税金投入も有りではないかいな。

 廃炉にしたと言っても、じつは、汚染した解体廃棄物のゴミ屋敷として残っているのである。



2018.03.09  雨上がる
 帝劇のテヴィエは銀座浜離宮に係留していた愛艇メィキッス号甲板で一杯ひっかけてから千歳船橋に帰るのが日課だった。
 しかし、長男・泉に先立たれてからは直帰が増えてゆきました。

 演歌の大御所・北島三郎の次男が亡くなりました。
 さぞ落胆して、気落ちしていることだろう。

 ここで思い出すのが、博多の仙厓義梵禅僧のめでたい言葉を乞われて書いた『祖死父死子死孫死』。

 そして、ふたたび森繁久彌。
 『花ひらき はな香る 花こぼれ なほ薫る』を向田邦子に贈る。 

                        (文中、敬称略)

 
 
2018.03.04  ヘタナリ
 土曜日の20時から東京タワーのライトアップがダイヤモンドヴェールと云うことで出かけて見ました。
DSCN0677.jpg DSCN0570.jpg
 7色のライトアップのはずがごらんのような単色です。
 所詮コンデジの限界か?と諦め、河津桜との共艶を狙いに。
   DSCN0601.jpg
 しかし、これまたノッペラボーな写真になってしまいました。

 そこでしかたなくストロボをオンにして撮ってみた。
DSCN0610.jpg DSCN0611.jpg
DSCN0606.jpg DSCN0607.jpg

 ・・・・・ウーン。 オイラのイメージしている写真とは異なるなー

DSCN0598.jpg DSCN0597.jpg
DSCN0634.jpg DSCN0636.jpg

DSCN0650.jpg DSCN0642.jpg

 桜色に加工してみましたが・が・が・・・
   DSCN0666.jpg

 上手く撮りたいんです。 撮ってあげたいのです。 撮りたい!

 芝公園には種火が原爆の炎である「平和の灯」が燃え続けます。
DSCN0577.jpg to100_1695s.jpg
 右はオリンピックカラーにライトアップされた東京タワーです。


   OMAKE  2013.03.18  夜桜とシャレて見た。




 この国のゆくえはどうなることであろうか・・・

 数年前の燃費改ざんデータ問題に端を発し、耐震強度問題や金属データ改ざん、更に検査不正。などなど、モノ造りの現場が揺らいでます。 それらは氷山の一角であり、凋落の始まりなのであろうか?

 働き改革の法審議においても、種々改ざん?ねつ造とも執れるデータが次々と明るみに出てきました。 でたらめに記入したのではないか?と思われるほどのいい加減な数字がならんでます。
 誰が記入して、誰がOKを出し、誰が受け取ったのでしょうか?
 単に記入ミスと思われない過ちに誰一人気づかないとは何たることであろうか?

 時短・効率も必要なことでしょう。
 でも置き去りにされた“ムダ”はどこへいった?

 改めて、豊かさってなんでしょう。 ユトリとは・・・

 お節料理を食べて、60日が過ぎました。
 アナタは“今”何してますか?


 1936年(昭和11年)2月27日。 帝都では・・・
 午前8時20分。 「戒厳司令官ハ三宅坂付近ヲ占拠シアル将校以下ヲ以テ速ニ現姿勢ヲ徹シ各所属部隊ノ隷下ニ復帰セシムベシ」の奉勅命令が参謀本部から上奏され、天皇は即座に裁可しました。

 そんな動乱の真っ只中の朝を迎えておりました。




 デジカメ売り場です。 触った。手に取った。
 ウーン重い。 現機が200gでニコンは300g。瓶コーラ相当か?
 一回り大きいがホールド感も特に問題なし。

 取説もないまま、しばしズーム他動作チェックを・・・

 と云うことでお買い上げ。

 いつも買い物で思い出すのは、友人の言葉。
 「気に入って買うものは値切らない。そのモノにケチをつけるような行為に思われ卑しいと考える」

 確かに“値切る”は関西の美徳・合言葉であるのかも知れないが定価があって売値があって、買いたい欲しい人が居て成り立つ商売において“値切る”行為はいかがなものか?
 人それぞれとは云え、彼の言葉に生き様を見た気がしてオイラもー

 と、いつものように話が脱線してしまいましたが・・・

 家に帰り、充電しながら取説をジックリ読みだす。
 待つこと3時間。 シャッターを押しながらアレコレ操作。

 明日の試し撮りテストが楽しみだ!  おやすみなさい。



2018.02.24  新規

 オイラは初代コダックV570、2台目オリンパスSZ-15からXZ-10へ。 無限大でフォーカスがこない安いコンデジを使っております。
 重いガンデジやおしゃれなミラーレスにも憧れますが嵩張るからとハナから諦めておりました。
 しかし、心機一転。 もう少し高性能が欲しくなりました。

 調べて見ると、各社安いコンデジは売れないのか縮小のようで、オリンパスのSH-3も製造中止になっておりました。

 ニコン COOLPIX A900 最安価格(税込):¥26,958 
 光学35倍ズームを搭載したデジカメで電子ズーム最大4倍(35mm判換算で約3360mm相当の撮影画角)、重さは約300g・・・

 さっそく購入。 の前に家電屋で触ってきたいと思います。

                    さて、どうなるかなー



 本棚から古い小説を取り出し読んでいます読み終わりました。
 風間 一輝の著書 『地図のない街』(1992年3月20日初版)

雪の夜、チンピラ二人組にボーナス袋を強奪され、北岡吾郎の平凡なサラリーマン人生は終わりを告げた。彼は相手を叩きのめしてドロップアウト、いつしか山谷に流れついていた。自由気儘なその日暮らし、今では立派なアル中だ。そんな彼が、同じ山谷のアル中で、連続行き倒れ事件を追うライターの初島から誘われ、一念発起して断酒に挑むが……謎の連続怪死事件を縦糸に、男たちの勇気と友情を感動的に描く、地獄の断酒小説。

 下戸のオイラですので、断酒地獄は笑ってしまいます。
 ナゼ落ちた?望んでアル中になったハズ。苦しいでしょう断酒はー

 1943年生まれの風間氏もアル中なのではなかろうか?
 現に、1999年11月18日にガンでオッ死んでるではないか。

 ・・・・・山谷は実在するにもかかわらず、東京地図はおろか、台東区の地図にも荒川区の地図にもその地名は載っていない。だから、地図にない街である。しかし‘地図のない街’ともいい代えられる。 そんな街と人々に、もう地図は必要でない。必要としないものは、災厄以外はすべてなくなる。もしかしたら、人間にとって地図とは未来の一部なのかもしれない。・・・・・  (本文より)

 鋭い表現・標載ではないか・・・
 オイラは地図や磁石も持たずにヌクヌクとさまよい続けております。


   OMAKE  オイラブログ  地図から消された「大久野島」



2018.02.16  矜持
 東京地方の先月の雪から3週間? 何事も無かったような青空が続いてます。 全国的寒波大雪も一段落?
   P2137927.jpg
 いつものフクニワでトキワマンサクが咲いてました。
P2137930.jpg P2137938.jpg
 いつから?降雪後の開花でしょうか。 見落としておりました。
P2137946.jpg P2137951.jpg
   P2137962.jpg


 駅前の商店街から少し外れた幹線道路沿いに1軒の金物屋が朝?時から夜7時まで年中無休でオープンしております。
P2087904.jpg P2037781.jpg
 金物屋ですので、釘だけでも100種?紙ヤスリの数種100枚?
 バンセン(結束線)200本やゲンノウ・トンカチ・カナヅチ各種・・・ とプロ御調達など10000種?が煩雑に並んでます。
 買いに来る人はいるのでしょうか? 他人事ながら心配です。
 ですが、店番は老夫婦のようですがようですが、矜持と言うかプライドなのか? 今日も店は開いておりました。
 単に長年やっているから開いているだけ。 とも思えぬ店構えに明かりが灯っておりました。

 オイラはフクニワからオリオン星座を狙ってみました。
P2087921.jpg orionn01.png


2018.02.15  ネット本
 Amazonbookを初めて利用してみました。
 定価600円の本が中古といえ、指先だけで2円で手に入りました。

  oni01.png ikeuti01.png

 知人紹介の池内紀「幻獣の話」 (1994年2月 発行)です。

  一角獣――マルコ・ポーロが見たもの
  アジアとヨーロッパ―幻獣という知の遺産
  不思議な生きもの、不思議な人―狂気と文学のあいだ
  幻獣紳士録
  百鬼の奇――日本の幻獣
  霊獣たちの饗宴―日光東照宮の場合
  中国の宝の書――『山海経』入門
  私という幻の獣―寺山修司の夢
  ゴーレムからロボットへ――二十世紀の幻獣

 どの章も「ハー ヒー フー ヘー ホー」と感嘆詞が飛び出すほど興味深く読み終わりました。

 にしても、ネットってスゴイですね。 改めて寒心しました。
 でも、やっぱりオイラは本屋を利用したい。するぞと再認識。
 幸いいつもの強制散歩のフクニワビルに本屋があるので時々注文するのだが、コンビニでも注文可だそうだ。

 町から本屋が消え去る現状は寂しいですが、これも時代の流れか?
 コンビニからエロ本コーナーも撤去消え去ろうとしてます。

 まぁ、すべて便利になりすぎて不自由な時代に突入でしょうか?