2017.09.10  龍岡城
 五稜郭と云えば函館と即答されるでしょうが、日本に西洋式星型城は2ヶ所あるのをご存知でしょうか?
 それが長野県佐久市田口にある日本の城跡・龍岡城五稜郭です。

P9013606.jpg P9013607.jpg

 文久3年(1863年)、三河国奥殿藩の藩主・松平乗謨(のりかた)は、分領である信濃国佐久郡への藩庁移転と陣屋新築の許可を江戸幕府から得た。
P9013608.jpg P9013612.jpg
P9013615.jpg P9013614.jpg
 西洋の軍学に関心を寄せ、砲撃戦に対処するための築城法を学んでいた乗謨は、新たな陣屋として稜堡式城郭(星形要塞)を設計する。
 元治元年(1864年)3月に建設を開始した。総工費は4万両。
 慶応2年(1866年)12月には石垣と土塁が竣工、慶応3年(1867年)4月には城郭内に御殿などが完成した。
P9013622.jpg P9013624.jpg
P9013625.jpg P9013626.jpg
P9013629.jpg P9013628.jpg

 決して大きな城ではありません。 
 本来ならばすべての稜堡に置かれるべき砲台は西南角に一基しかなく、水堀の幅も狭い。裏山からは城郭が一望できるなど、要塞としては問題を抱える。
 稜堡式の外見は乗謨の西洋築城術に対する学問的興味が高じたもので、あくまでも藩主居館として設計されたものである。  そうな。

 設計した松平乗謨、WHO? 調べて見た。
 元治元年(1864年)6月に開港問題などで松平慶永と対立して若年寄職を罷免された。慶応元年(1865年)5月には陸軍奉行として幕政への復帰を果たした。その後、7月に若年寄次席、12月には若年寄となり、慶応2年6月には老中に栄進し、10月からは朝廷との交渉役を務めている。11月に正四位下に昇叙し、12月には陸軍総裁に任じられた。
 慶応4年(1868年)1月、戊辰戦争を契機に陸軍総裁職を辞任し、2月には老中職も辞任した。そして幕府との訣別を表明するため、大給と改姓した上で信濃に帰国し、3月には上洛して新政府に帰順する意思を表明したが、新政府では乗謨が幕府の中心人物の一人であったことから謹慎を命じた。4月には新政府の命令に応じる形で北越戦争に出兵し、このため5月に謹慎処分を解かれた。
 明治2(1869年)年6月、版籍奉還により竜岡藩知事に任じられる。しかし、竜岡藩の財政破綻のため廃藩を申し出て、廃藩置県前の明治4年6月2日、廃藩となり知藩事を免ぜられる。
 明治17年の華族令では子爵に叙せられた。明治21年、勲一等。明治23年7月、貴族院子爵議員に選出され、明治30年7月まで在任。明治37年、従二位。明治40年には賞勲制度の確立を賞されて伯爵に陞爵。明治42年2月23日、枢密顧問官。
 明治43年(1910年)1月26日に死去した。享年72。危篤の報が天聴に達すると正二位に叙され、勲一等旭日桐花大綬章を授与された。

 幕末・明治初期にはいろんな豪傑が居たもんですね。
 坂本・西郷や徳川慶喜・小栗・榎本etcだけが英雄ではありません。
 もちろん、名もなき市井の庶民も歴史の礎となり、眠ってます。

 そんな史跡と人物を訪ね歩くブラリ旅をあと何回行けるであろうか。




2017.09.09  新海三社
 「海」を紐解くに、新海三社神社へゴーです。
P9013559 (2) P9013603.jpg
P9013599.jpg P9013598.jpg
P9013588.jpg P9013584.jpg

 新海三社神社の創祀年代は不詳。
 興波岐命を主神として東本社に祀り、その父神・建御名方命を中本社に、伯父神・事代主命を西本社に祀る。 このように、当社には3つの神殿があり、よって新海三社神社と呼ばれている。
 興波岐命は佐久地方開拓の祖神。延文年間の『諏訪大明神画詞』には「新開(にいさく)」の神と記され、大県の神とも称した。
 この「開(さく)」が、佐久の地名となり。「新開(にいさく)」から、新海という社号になったようだ。
 また、鎮座地の田口は、佐久地方で初めて田が開かれた場所とも。 記載が残っております。

 神社なのに奥には仏式三重の塔が・・・
P9013572.jpg P9013575.jpg
P9013577.jpg P9013579.jpg
 この三重塔は、もともと新海神社の別当で神社東にあった神宮寺の塔だったようですが、明治の神仏分離で神宮寺は川原宿に移転させられ、三重塔は宝庫という名目で現在の場所に残されたようです。

 神と仏が仲良く暮らす日本ってステキですね。
 語り受け継ぐ伝統の力は平和こそ繁栄の証がそこにありました。



2017.09.08  小海線
 1915年8月8日に初開業(全通は1935年11月29日)した小海線。
 小淵沢駅 - 小諸駅間 78.9km  駅数:31駅  全線単線非電化

 P9013646.jpg

 海の無い山梨・長野を走る小海線には、佐久海ノ口駅・海尻駅・小海駅・海瀬駅や甲斐小泉駅・甲斐大泉駅・佐久広瀬駅・滑津駅など海に由来する駅名がたくさんあります。

 長野県南佐久郡小海町ホームページによれば。
 仁和3年(887年)あるいは仁和4年(888年)に起きたとされる八ヶ岳(天狗岳)の水蒸気爆発による大崩落によって千曲川の下の深山(現在の八那池洞門付近)が泥流によってせき止められ、海の口から、海尻にかけて大きな湖ができました。この時土村の除ヶ付近(現在の小海小学校付近)の相木川もせき止められ、相木の入口までの湖ができました(相木湖と呼ばれていた)。
 海ノ口の湖水は寛弘8年(1011年)に決壊して無くなりましたが、相木湖はその後も残ったらしく、天正初期(1572年頃)古絵図にも記入されていますので、鎌倉時代の中頃(1300年頃)まであったと思われます。これが当時ここに入って来た人達によって「小海」と名付けられたものが小海の名前の起源と言われています。

 小海線は八ヶ岳高原線の愛称が付けられており、野辺山駅の標高は1,345.67mで、JRグループの駅及び日本の普通鉄道の駅としては日本一高い地点に位置しております。

 そんな小海線の鉄道旅をノンビリと楽しんで来ました。




 信州の鎌倉と呼ばれる塩田平・別所温泉はなーんも無いゾ。

 まずは、北向観音(天台宗常楽寺が本坊)です。
P8313531.jpg P8313537.jpg
 長野市善光寺と向かい合うように本堂が北を向いている事から北向観音と呼ばれるようになりました。 善光寺が来世の利益、北向観音が現世の利益をもたらすということで一所懸命にお参りして来ました。

 観音さんから歩10分、国宝の八角三重塔があるという安楽寺です。
P8313528.jpg P8313524.jpg
 本堂のお参りもそこそこに108段の階段を登ります。
P8313473.jpg P8313477.jpg
P8313505.jpg P8313479.jpg
 四重ではないか? イエイエ、オノレの無知をさらしたが、裳階を付けた八角三重の塔です。1290年代に建築されたものと考えられ、1320年建築の功山寺仏殿を凌ぐ日本最古の禅宗様建築である可能性があるそうな。
P8313486.jpg P8313494.jpg
P8313487.jpg P8313482.jpg
P8313492.jpg P8313498.jpg
P8313503.jpg P8313484.jpg

 境内禁煙といいながらも本堂軒下には灰皿が・・・
P8313522.jpg P8313515.jpg

上田市の西南に広がる塩田平一帯は、鎌倉幕府の重職であった北条義政からその孫まで、三代に渡り約六十年、塩田北条氏が信濃の一大勢力としてこの地方を統治したことから「信州の鎌倉」と呼ばれており、鎌倉時代から室町時代にかけて造られた神社仏閣など、数多くの文化財が残っています。そのため、塩田平は、美しい日本の歴史的風土準100選に選定されています。

 何にも無い。と書きながらも、歩いて調べて見て来れば、いろんな出会いや発見があります。

P8313518.jpg P8313521.jpg

 ブラリ旅はイイゾー  心を無にして解放感をあじわってきました。



2017.09.06  上田電鉄
   岡林信康  


 上田から別所温泉を結ぶ11.6 kmを走る上田電鉄に乗車。
P8313463.jpg P8313465.jpg
 ホームに灰皿? 愛煙家に優しい駅と鉄道はうれしいではないか。
P8313550.jpg P8313466.jpg
 蕎麦畑や田園をノンビリ走って、別所温泉に着きました。
P8313467.jpg P8313543.jpg

 大正5年9月17日 丸子鉄道(株)設立を創業として、かつては4路線48.0kmの路線網を擁していた鉄道事業も、別所線11.6kmだけの運営となった上、2005年に上田電鉄(2代)として分社化した。

 ローカル鉄道の経営はどこでも赤字が続き苦しい環境にさらされてます。 抜本解決がないまま社員や関係者の努力によって支えられております。 廃止で不自由するのは沿線住民のアナタなのだ。

 困ったもんだ。と、オイラが嘆いても収支が解決するわけでは無い。
 ですが・ですので? 乗り鉄としてささやかに貢献・実践したい。


   OMAKE  オイラの鉄道小説 読後感

   2007.12.09  を、創りてェー

   2008.05.15  「原宏一」WHO?

   2011.05.07  タモクラ『阪急電車』



2017.09.05  orz
 上田から迎えの車で小一時間。 高原の一軒宿。
 満天の星空を期待して予約したのだが生憎の曇り空。
P8303426.jpg P8303436.jpg
 信州牛のしゃぶしゃぶ会席をいただき早々就寝。 朝起きてー
P8313440.jpg P8313454.jpg
 霧モヤの高原は喧騒東京とは別世界でした。
P8313442.jpg P8313443.jpg
 四阿山(あずまやま・標高2,354m)は見れなかったが頂上奥宮造営のために砂里一袋を持って登ろうの呼び掛けには感心しました。
 健脚ならオイラも登ってみたかった。 なので、ネット登山します。

P8313457.jpg P8313452.jpg
 G3ふたり、ドライバーと世間話をしながら送ってもらいました。


 Wikipediaより。  「orz」とは、頭を垂れる(頽れる)姿をアルファベットで表した日本発祥のアスキーアートである。失望、落胆や絶望の表現。「がっくり」の意。「o」が頭・「r」が腕と体・「z」が跪いた腰から下の脚を表す。  そうな。



2017.09.04  小諸城跡 
   三橋美智也 『古城』  


 軽井沢からしなの鉄道にて30分?小諸駅到着です。
 小諸城跡が整備されて懐古園として開放されてます。

P8303403.jpg P8303348.jpg
 石垣や空堀などを見ると戦時の防衛拠点があらわです。
P8303350.jpg P8303396.jpg
 旧士族により本丸跡に懐古神社が祀られ、「懐古園」と名付られた。
P8303351.jpg P8303353.jpg
 仙石秀久の改修による三重天守には桐紋の金箔押瓦が用いられていたが寛永3年(1626年)に落雷によって焼失した。 
P8303366.jpg P8303358.jpg
P8303362.jpg P8303363.jpg
 突端の展望台からの眺望。 ここへは登ってこれないでしょう。
P8303369.jpg P8303370.jpg

 藤村記念館もあるのだが、オイラの注目はー
 昭和55年まで22年間も説法を語る草笛禅師・横山祖道さんの存在。 親しみのある市井の坊さんの偉業ともいえる日常を知りました。
P8303374.jpg P8303375.jpg

P8303385.jpg P8303387.jpg


   小諸なる古城のほとり  雲白く遊子(いうし)悲しむ
   緑なす繁蔞(はこべ)は萌えず  若草も藉くによしなし
   しろがねの衾(ふすま)の岡邊  日に溶けて淡雪流る

   暮れ行けば淺間も見えず  歌哀し佐久の草笛
   千曲川いざよふ波の  岸近き宿にのぼりつ
   濁り酒濁れる飲みて  草枕しばし慰む 



 アメリカ・アラスカ・アンカレッジ国際空港に懐かしさを感じる御仁も居るのでは? 巨泉のOKストアーや不味くて高い?うどん屋を知る人も少なくなりましたね。 日本航空は1991年10月31日でアンカレジ経由便を廃止しました。  オイラも旅に行って来ました。

 飛行機・海外? イエイエ、日本地図しか頭にないオイラは・・・
 青春18切符で、いつもの友人を誘ってノンビリユックリ旅です。

 8時03分、渋谷駅合流で湘南新宿ラインにて、高崎・横川へ。

 廃止になった横川~軽井沢の信越線に残る「碓氷峠鉄道文化むら」
P8303315.jpg P8303318.jpg
 明治26年~昭和38年まで使用されていたアプト式のお勉強です。
P8303317.jpg P8303334.jpg

  日本初のアプト式鉄道の導入からの歴史はクリックで飛びます。

P8303335.jpg

 駅弁・峠の釜めしを喰らって、接続路線バスにて移動です。

 途中ではめがね橋にも出会えるかもよー  (要路線運行時間確認)
        u630w092s.jpg


2017.08.30  更新
P8253282.jpg P8253289.jpg

  月への階段  P8293309.jpg


 ブログの日々更新の元気もなく、これではイカンと元気探し。
 青春18切符にて、海を求めて小海線の旅です。
 あっちをウロウロ、こっちでチョロチョロ。
 ノンビリを楽しんで来ます。 (ですのでしばらく休みます)



2017.08.28  過夏
 気怠い青モミジに古株も大あくび。
P8233249.jpg P8213240.jpg
 水辺のカルガモは元気です。
P8233274.jpg P8233270.jpg

 定点観測のメタセコイヤの並木散歩に行って来ました。
P8233258.jpg P8233265.jpg
P8233269.jpg P8233253.jpg

 今年の夏の東京地方は雨にたたられ晴日が少なかったです。
P8213222.jpg P8233275.jpg

 灼熱の真夏を謳歌することもなく、過行く夏を感じてきました。